旧瀬戸邸 お屠蘇など新年の祝い膳再現し正月モードへ

新年お祝い膳を再現した宴席

 冬季開館中の旧瀬戸邸で、新年の祝い膳を再現した宴席が設けられ、正月ムードを演出している。
 玄関入って直ぐ右側の26畳ほどの広さがある大広間では、これまで昭和の宴席の様子を再現していたが、上座側の一部の席を新年を祝う行事として正月の祝い膳に模様替えし、おせち料理を再現した重箱や鯛の姿焼き、正月に無病息災を願って飲むお屠蘇、家に幸福をもってくる神様「年神様」を迎え入れてもてなす鏡モチなどを飾った。
 施設スタッフは「新年が良い年になるようお正月らしい朱塗りの漆器や縁起の良いものを飾りました。正月ムードを楽しんでほしい」と話していた。

コメントを残す