天北堆

 ウクライナ情勢、中国の景気後退、国内では依然として収束しないコロナ禍による経済活動の停滞などによりガソリンの消費量が減り原油先物相場が下落しているのに拘らず稚内市内のGSは値下げするどころか値上げする暴挙に。道内のガソリン価格を差配しているとされる業者の価格決定によるものだろう◆消費鈍化しているのに拘らず値下げに逆行するのはボーナス需要期を迎えた措置であろうか◆事業は思惑あり動くものだが、灯油やガソリンは今の社会に欠かせない必須エネルギーだ。立己では困る。 

コメントを残す