昨年を90%上回る 旧瀬戸邸 夏季開館の入館者

 旧瀬戸邸は、夏季開館(4月~10月)の入館者を集計。コロナ禍の昨年と比べ1・9倍の入館者があった。
 個人客1772人、団体客568人の2340人。前年同期から1131人増えたものの、コロナ前の3年前と比べると4000人余り減少している。
 常勤スタッフによると、今年もコロナ禍の影響があったとはいえ旅行のどうみん割で稚内入りした道内客、20人以下のため団体客としてカウントしない道外からのツアー客が増えたことで個人客は前年より600人余りも増え「少しずつ来館者が回復傾向を感じた夏季開館だ」とした。
 冬季開館が始まった11月は11日の第1陣を含め10本350人余りの団体予約が入っている。

コメントを残す