世界水準の技学ぶ 柔道講習会 五輪メダリストなど講師

羽賀選手を投げようとする女の子

 みどりスポーツパーク武道場で5日午後と6日、オリンピックメダリストなど国内トップクラスの柔道選手3人を招いた講習会があり、参加した小中学生や一般、指導者が世界水準の技などを学んだ。
 稚内市スポーツ協会が競技の普及事業として稚内地方柔道連盟と共催し開いたもので、2008年北京五輪、2016年リオデジャネイロ五輪の女子52㌔級銅メダリスト中村美里さん、柔道家ユーチューバーの「ドンマイ川端」として活躍する川端龍さん、リオデジャネイロ五輪男子100㌔級銅メダリストの羽賀龍之介さんの3人を招いた講習会には、少年団員や一般経験者ら70人が参加した。
 20人が参加した柔道初心者や少年団の小学生を対象にした講習では、帯を使った準備運動や前・後ろ受身、技の掛け方などを教わり子どもたちが実際に羽賀選手らに背負い投げなどした。1時間余り指導した中村選手は「子どもたちが元気でパワーをもらいました。柔道を通じ相手を思いやる気持ちを持ってほしいです」、羽賀選手は「子どもたちはピュアな気持ちで柔道と向き合ってくれ嬉しかった」と取材に応じていた。
 講師3人と子どもたちが柔道する姿を見ていた稚内柔道連盟の藤原回向会長は「一流の選手と触れあうことで柔道の楽しさを感じたことでしょう」と話していた。

コメントを残す