天北堆

 土曜の午後開かれた政経セミナーで吉田道議は6選目指し来春の稚内市部道議選に立候補することを表明した。随分と早い立起表明とは思うも依然続くコロナ禍を遠因とする稚内市自体の地盤沈下に対し取り組んで行こうとする決意の現れなのであろう◆挨拶する中で過日の道議会議長選での惜敗に関し述べていたが、父君政一氏と共に親子二代に亘る議長就任への並々ならぬ思いと悔しさを吐露したものとなった◆堆子思うに政治家として稚内市政の舵取り役を託した神の啓示とみているのだが。塞翁が馬だ。

コメントを残す