29日から枕崎市訪問 友好都市提携10年記念し工藤市長団長に総勢38人

 鹿児島県枕崎市との友好都市締結10周年記念事業として、工藤市長を団長に稚内市民訪問団が、29日から3泊4日の日程で枕崎市を訪問する。
 両市は最北端と最南端の駅舎がある縁で平成24年、友好都市締結し今年で10周年を迎えた。6月に枕崎市の前田市長はじめ市民訪問団25人が来市し8月に枕崎市の中高生14人も稚内を訪れた。
 工藤市長、岡本市議会議長、中田稚内商工会議所会頭、中場稚内観光協会長らのほか、一般参加者16人加え、青少年交流事業として稚高生3人、大谷高3人の6人も参加し総勢38人になる。
 訪問団は29日午後3時20分にFDAチャーター機で稚内空港から鹿児島へ移動。30日は枕崎市内観光や歓迎レセプションに出席。31日は池田湖で砂蒸し体験、鹿児島の特攻平和会館、武家屋敷庭園などを見学する。
 1日はFDAチャーター機で鹿児島空港から帰路につく。

コメントを残す