勢い止まらず絶好調 管内サケ定置網漁10月上旬は113万匹19億円

 宗谷海調委は、10月上旬(1〜10日)の秋サケ定置網漁獲状況を発表した。
 オホーツク海西部106万5283匹(昨年同期対比4・2倍)18億6535万円(同2・8倍)、日本海北部6万4923匹(同2・5倍)、9362万円(同65・4%増)の113万206匹(同4・1倍)19億5897万円(同2・7倍)。
 1匹当たりの平均単価は1733円(昨年2613円)と、昨年より880円下回っている。
 10日までの累計はオ海359万6168匹(同69・8%増)88億4135万円(同58・5%増)、日本海北部21万9280匹(同67・2%増)4億3973万円(同34・7%増)の381万5448匹(同69・7%増)92億8108万円(同57・2%増)。
 漁協ごとの数量。
 〈オ海〉▽枝幸 64万1014匹(同3・6倍)累計212万1711匹(同61・1%増)▽頓別 7万646匹(同3・8倍)24万6473匹(同18・4%増)▽猿払村 11万4121匹(同3・4倍)47万4409匹(同41・3%増)▽宗谷 23万9502匹(同11・1倍)75万3575匹(同2・9倍)〈日本海〉▽稚内 6万4293匹(同2・5倍)21万9280匹(同67・2%増)。

コメントを残す