学生名人、特別賞など 北雲書道会 11人の小中高生

 北雲書道会(福原北雲代表)に通う児童生徒11人が、国際書道協会主催の第53回全国書道コンクールで特別賞や特選に輝き、日本書道評論社出版の「書の研究」で松本璃音さん(潮見が丘中3年)が毛筆学生名人、日野澤ちひろさん(同2年)が毛筆硬筆ともに準学生名人に合格した。
 コンクールには、全国から9658点の応募があり、特別賞に堀川文睦君(潮見が丘中1年)、特選に松本琉花さん(稚高2年)、松本璃音さん、日野澤ちひろさん、佐藤柚奈さん(東中1年)、金内虹樹君(南小6年)
藤井真由さん(同)、梅田蕾果さん(同)、江川あずささん(同)、石井春妃さん(同4年)、山口結愛さん(同)が輝いた。
 特別賞に選ばれた堀川君は「日頃の積み重ねが実を結び嬉しかった。先生に教わったことを振り返りながら今後に活かして行きます」と喜びを語った。
 書の研究で毛筆学生名人に合格した松本さんは「合格でき嬉しい。硬筆でも合格を目指して頑張ります」、毛筆・硬筆ともに準学生名人の日野澤さんは「夏休み中に練習を重ねた結果が出て嬉しい。次は学生名人の合格を目指したい」と喜びと次の目標を語った。
 福原先生は「全員が努力を重ねた結果、入賞や学生名人に合格した。今後も努力を勉学などにも活かして欲しい」と称えていた。

コメントを残す

前の記事

天北堆