顧客目線のHP開設 きた・北海道DMO

 稚内観光協会を中心に稚内、礼文など1市3町構成のきた・北海道DMOによる新たなホームページ「稚内・利尻・礼文観光ウェブサイト」が開設した。協会の波間常次郎DMO事業推進本部長は「稚内に訪れる人が便利に利用できるホームページが出来た」と太鼓判を押している。
 協会独自にあったホームページはDMO専用のサイトに変わり、新たなウェブサイトの一番のポイントは、オンライン上で旅行代理店登録をしているОTA契約のホテルなど施設にサイトを通して宿泊予約できるようになり、旅行者の利便性が高まった。
 利用者が観光スポットなどを巡るため調べたアクセス数に応じて上位5番までの場所がランキング表示され、インスタント映えのスポット、旬の食べ物、季節ごとで見れる花などを分かりやすく紹介している。
 今年3月に観光庁から「地域連携DMO候補法人」に登録される前の1年前からサイトで使用する写真など準備し漸く完成したホームページに、波間本部長は「利用する人が便利なホームページが出来ました。今後も内容を充実させ観光情報を発信していきたい」と話していた。

コメントを残す

前の記事

週末雑感