見学記念のスタンプ好評 大鵬上陸記念碑横に設置

 北防波堤ドーム公園にある大鵬上陸の地記念碑横に置かれている記念スタンプが、相撲ファンの旅行者らに好評だ。
 記念碑を建てた期成会の仲村房次郎会長(横浜市在住)が碑を見学した人が記念となるよう考え、市教委が作った記念スタンプは、大鵬が終戦直後に樺太から引き揚げ、稚内港に上陸した1945年(昭和20年)8月21日の日付や第48代横綱などの文字が刻まれている。
 見学した人が自由にスタンプを押せるようになっており、東京から観光で訪れた男性は「私の子供の時は巨人大鵬、玉子焼きという言葉が流行した。大鵬が好きだったので、稚内に来た記念になります」と話していた。

コメントを残す