飼育者目線の動画公開 臨時休館中の水族館

 臨時休館が続いているノシャップ寒流水族館は、フェイスブックページを定期的に更新しており、休館中でも生き物たちの様子など発信している。
 同館では、2018年に水族館のページを登録。これまでに館内の生き物紹介やアザラシショーの訓練の様子を飼育員目線で撮影した写真や動画が週一回公開されており、14日現在は330人がページ登録している。
 休館中は、産まれたばかりのゴマフアザラシの赤ちゃんを間近で撮った飼育員ならではの動画や、新たに仲間に加わったウツボの様子などが公開されている。
 ページを立ち上げた飼育員の鈴木志歩さんは「裏方の業務など、ここでしか見ることが出来ない写真や動画を楽しんでもらいたい」と話していた。
 同ページでは、14日午後5時に今年産まれたアザラシの名前を発表するという。

コメントを残す