鶴雨書道教室の門下生7人が入賞

 鶴雨書道教室に通う児童生徒7人が、国際書道協会主催の第53回全国書道コンクールで特別賞などに輝いた。
 コンクールには小学1年生〜大人まで9758人の応募があり、鶴雨書道教室からは特別賞に唐川真季さん(南小2年)、特選に楡未帆さん(稚高1年)、遠藤詩乃さん(南小6年)、釣亜沙希さん(同2年)、優秀作に小賀翔太君(東小5年)、山野寺萌さん(稚高専攻科1年)、広瀬柚奈さん(稚高1年)の7人が入賞した。
 最高賞の特別賞に輝いた唐川さんは「初めての受賞が特別賞で嬉しい」、楡さんは「部活動など忙しい中、努力した結果が出て嬉しい。先生や家族の協力のお陰です」、釣さんは「今年から習い始め、初めての賞は先生の指導のお陰です」などと喜びを語っていた。
 大澤鶴雨先生は「コロナ禍や日常の生活などが忙しい中での受賞は努力と継続の結果です。今回の受賞が人生の一ページになるよう願っています」と話していた。

コメントを残す