発表と体験に650人参加 市教委のまなびあいフェスタ

 市教委主催の2022まなびふれあいフェスタinわっかない生涯学習フェスティバルが17日、大谷高と風〜るわっかないで開かれ訪れた親子ら650人が団体発表や体験に参加した。
 コロナ禍で2年間中止になり、3年ぶりに開かれたフェスティバルには、ステージ発表14団体、体験コーナーに10団体が参加した。
 体験コーナーではアートフラワー、太極拳など行われ、琴エスワールド稚内教室では、親子連れがミニ琴など演奏を体験し、日本伝統の楽器に触れていた。
 大谷高屋体で行われたステージ発表では、宗谷ダンスプロジェクト、稚内フラシスターズなどのダンスや踊りを楽しんでいた。

コメントを残す