稚内保健所 コロナ禍で食料、クスリの備えを奨励

 宗谷管内で新型コロナウイルスの新規感染者数が増加し、発熱外来の予約が取りにくい状況が続いていることを受け、稚内保健所は感染した際の食料や常備薬など備えるよう呼びかけている。
 管内では6日の新規感染者数が過去最多の145人を数え、2〜8日までの10万人当たりの新規感染者数は過去最高の813・1人となり、その後も高止まりの状況になっている。
 誰もが感染してもおかしくない状況にあり発熱外来が混雑していることで当日の受診が難しい場合や休診場合に備え、抗原検査キット、解熱剤や風邪薬などの常備薬、食欲がなくても食べられるアイスクリームなど食料を用意しておくとよい。
 体調がすぐれない場合は人と会うことを控え、Xマスパーティーや忘年会などのイベント前の体調管理をすること、基本的な感染対策、年末年始に向けた計画的なワクチン接種を呼び掛けている。

コメントを残す