観光は宗谷全体で 振興局と開建主催 地域づくり連携会議

地域連携会議2

 宗谷地域づくり連携会議が21日午後、稚内地方合同庁舎で開かれ、管内における食や観光、地域づくりなどをテーマに意見を交わした。
 地域の現状や課題などを洗い出し、今後の地域づくりの方向性を共有する場として開かれた会議には、管内の10市町長はじめ経済、観光業界など関係者20人余りが参会した。
 観光について荒屋枝幸町長は「交通の不便さはあるが、枝幸ではタイからの観光客誘致を進めており、冬場の雪遊びや日本の文化などの体験が人気を集め年々受入れの数は増えている」とし、このことに関連し工藤市長は「タイから千歳そして宗谷に向かうというのは遠い。観光客を受け入れるためには稚内空港の拡張を含め宗谷全体で取り組んでいかなければいけない」と話した。
 岩間稚内観光協会長は「関西、中部両便の休止を受け、6月~8月にかけホテルでの客単価が落ち込んだ。来年以降はその点を踏まえ観光対策をお願いしたい」と述べた。