港からの侵入防止 テロ訓練 稚内署、海保など60人参加

テロ対策訓練
 稚内港国際テロ対策訓練が8日午後、国際フェリーターミナルで行われ、参加した稚内署、稚内海保など9機関60人余りが有事に備えた。
 船内に不審者確認-と情報が入り、現地対策本部を設置して始まった訓練は、別の不審者が乗っている小型ボートがフェリーに近付こうとしたところを海保の巡視艇が追跡して制圧。フェリーから乗客と共に降りてきた不審者を警察官が取り押さえ入管の際の偽造パスポートの発見、爆発物を処理する訓練などが行われた。