今は1200羽に増え

白鳥祭り

 稚内振興公社主催の白鳥まつりが6日、大沼バードハウスで開かれた。
 毎年春、秋の2回、ハクチョウの飛来に合わせて開いているまつりには市民415人が来場し玉子すくいや抽選会などが催され、ラーメンなどの飲食の出店、子ども向けの縁日もあり賑わっていた。
 大沼には今、1200羽以上のハクチョウが飛来しており、双眼鏡で観察する子ども達らは興味津々の様子で見ていた。
 抽選会には豪華景品もあり楽しい一刻を過ごしていた。

前の記事

乾ドック早期整備

次の記事

登録プレート届く