緊張の一日始まる 大学入学共通テスト 予定通り100人受験

 大学入学共通テストが15日から2日間日程で全国一斉に始まり、稚内北星大学会場には稚内はじめ、管内や遠くは音威子府から出願した100人が試験に臨んでいる。
 全道26会場で1万6988人が出願する中北星大学会場には、試験の1時間ほど前から受験生が訪れ、送迎する父母らから励まされながら会場入りした。稚内市内から受験した男子生徒は「力を出し切ります」と話していた。
 試験官から注意事項について説明があったあと、問題用紙が配られ、午前9時半から地理歴史、公民、午後からは国語と外国語のリーディングとリスニング試験が6時過ぎまで行われる。
 大学によると、天候の影響やコロナで受験できない生徒はいなかった。
 16日は数学と理科の試験が行われる。

コメントを残す