時の話題 「不安は成人式」

 東京都の豊洲市場で行われた新年初競りで211㌔のクロマグロが1688万円で競り落とされたという。豪勢な話である。
 このマグロは大振りなのが水揚げされる大間港(青森県)のもので、1㌔8万円、100㌘で8000円にもなる。何処かの寿司屋さんが競り上げたのだろう。新年に当たって持ってこいの話題といえようか。
 市中ではコロナ新種オミクロン株の流行が止まらず米国の3日一日の感染者が100万人を超えたというのだから驚きだ。日本でのオミ株はせいぜい数百人程度なので、その爆発的感染力には舌を巻くが、旧年中のXマスなどでの人の集まりが引き金になったと見られ、日本とて対岸の火事視できず慎重な行動が求められよう。
 オミ株は道内でも1人感染者が出たが、関西方面からの正月中帰省者で市中感染の可能性は低く恐るに及ばずも、道央圏の人達は気を抜く暇がないといったところか。
 その道央圏の若者が移動し開催される成人式は要注意だ。今月9日に予定されている稚内では札幌から大勢の若者が参加するだろう。式自体は予防対策を徹底し催されるだろうからさほど心配していないが、懸念されるのは式後の集まっての飲食だ。二十歳になり大人の仲間入りする訳だから自制した行動をするものと願っているが、久方ぶりの再会という懐かしさも相俟ってつい度を過ぎてしまう行動が出るのではと案じている。
 20歳といっても子供から大人への過渡期であり分別も浅慮な面があり羽目外すこともあろう。自重求めたい。

コメントを残す