参拝客、例年並みに戻る 北門神社の初詣

 正月三が日の3日間北門神社には多くの市民が初詣に訪れ、マスク姿の家族連れらは賽銭を投げて手を合わせ今年一年の健康や幸せを祈願した。
 新型コロナ感染拡大前の三が日には1万人以上参拝客が訪れていた北門神社だが、コロナ対策として初詣の分散を呼びかけるなどした昨年は7500人と少なかった。今年は感染状況の落ち着いていることもあり、初詣客は従来並みに戻り1日7250人、2日2250人、3日1500人の1万1000人と昨年より3500人多かった。
 三が日中は吹雪いたりもしたが、晴れ間が射した2日午前中、家族連れの姿が多くあり、感染防止のため距離を取って並んでいた参拝客=写真=はコロナ収束に無病息災、家内安全を祈るなどし手を合わせていた。
 家族3人で訪れた30代男性は「コロナが早く収束して今年も健康に過ごせればと願いました」と話し、別の家族連れは「去年はコロナで何処にも出掛けず子どもに退屈な思いをさせていましました。今年はコロナが落ち着いて、色々な所に出掛けられたらいいなと思っています」と、日常が戻ることを願っていた。

コメントを残す

次の記事

天北堆