年始めから荒天続き 市道一斉除雪入る

 稚内地方は元日~4日にかけ冬型の気圧配置が強まり断続的に雪が降り、吹雪になるなど厳しい天候が続いている。
 稚内地方気象台によると、元日~3日にかけ、稚内開運で20㌢以上の雪が降った。特に冬型の気圧配置が強まった3~4日にかけての最低気温は氷点下10度以下まで下がり、低気圧の影響で風が強まった。
 4日午前中も荒れた天候が続き、まとまった雪が降った市街地の市道では一斉除雪が行われ、幹線道路などでは時折、ホワイトアウト状態の中、車がライトを点灯し走行していた。
 雪のピークは夕方まで。15㍍以上の強い風が続くものの、あす以降、冬型の気圧配置は弱まる見込み。

コメントを残す