港内も蓮葉状に結氷 北洋埠頭第2岸壁

 連日厳しい寒さが続き、港の一部が結氷する冬ならではの光景が広がっている。
 強い寒気が入っている影響で、稚内は気温が平年より低い日が続き、28日午前中、開運で氷点下7・6度、声問氷点下9・5度、沼川氷点下15・6度まで下がった。
 この寒さで、北洋埠頭第二岸壁の港内はハス葉状に結氷が広がり氷の上でカモメやカモなど海鳥が羽を休めていた。

コメントを残す