天北堆

 〝流氷の妖精〟クリオネがノシャップの寒流水族館に1200匹寄贈された。その冠名の通り流氷と共にオホーツク海や稚内にやって来るのだが、2、3年に一度、それも短期間で沖合に流氷が離れてしまうので稚内で採取するのは珍しくなり、職員はわざわざ枝幸まで出掛け採ってくる。その縁あって枝幸の人から大量贈られた◆透き通り蝶のように舞う様子は正に妖精そのもので水族館を訪れる市民は感動するであろう◆アムール川を源流とする流氷は地球温暖化と共に減る傾向にある。漁業もまだらな訳だ。

コメントを残す