稚内市が死亡事故1000日達成 昭和45年統計開始後初めて

 稚内市の交通死亡事故発生ゼロ日数が、18日で初めて1000日を達成した。
 市(生活衛生課)によると、平成31年3月23日、潮見3の市道で除雪作業中の重機に接触した男性が亡くなった。この事故を最後に稚内市内で交通死亡事故はなく、18日午前0時を過ぎた段階で、昭和45年に事故統計を始めて以来、初めて1000日の大台に乗った。
 記録達成を受け、21日午前11時から市長応接室で道知事感謝状などが川野副市長に伝達される。

コメントを残す