今冬初めて一斉除雪 17日~18日にまとまった降雪

 真冬並みの寒気が流れ込んでいる影響で、稚内は雪が降り続き、18日、市街地で今冬初めて除雪車が一斉に出動した。
 稚内地方気象台によると、冬型の気圧配置が続き、上空5500㍍付近に氷点下40度の今冬一番の寒気が入っているこから18日午前6時までの24時間で開運19㌢、声問31㌢、沼川11㌢の雪が降った。風雪強く吹溜りが生じ場所によっては20㌢を超える雪が積もった。
 17日~18日にかけてのまとまった雪で今シーズン初めて市の除雪車が出動。早い所では18日未明から除雪業者が幹線道路や住宅街に積もった雪をブルドーザーやロータリー車などの重機で取り除き市民は自宅の雪かきに追われていた。
 市の一斉除雪は降雪量が15㌢以上に達すると出動することになっており、市(土木課)によると、今年は昨冬より2日遅い初出動となった。
 午後からも断続的に雪が降り19日朝までに15~20㌢の雪が降る。

コメントを残す