上流から結氷始まる 声問川 今冬一番の寒気入る

 17日以降、今冬一番の寒気が入り氷点下10度近くまで下がった声問川本流で上流から結氷が始まった。
 12月に入ってから朝は氷点下5度前後まで下がる日があったものの、先週はプラス10度近くまで上昇し、暖かい日が続いたことで結氷が遅れていた声問川だが、18日は今冬一番の寒さとなる氷点下9・2度まで冷え込み、白鳥大橋から上流に向かう浅瀬で結氷が進んでいる。
 未だ氷の厚さは薄く所々で川面が見える所があるが、これから一段と寒さが厳しくなると結氷面積は広がり、氷の厚さが20㌢以上になるとワカサギなどの氷上釣りが始まる。

コメントを残す