昨夜来積雪20㌢超える あすにかけ更に積もりそう

 強い冬型の気圧配置となった17日、稚内は朝から降った雪で積雪が今冬初めて20㌢を超え、市民が降り続いた雪の除雪作業に追われた。
 稚内地方気象台によると、強い寒気とともに稚内上空を覆った雪雲の影響で、午前7時からの4時間で15㌢の雪が降り、午前11時までの積雪は開運で21㌢、沼川18㌢、声問12㌢に達した。
 強い寒気により開運で氷点下5・4度、宗谷岬氷点下5・8度まで下がり、今冬一番の寒さとなった。
 朝から雪が淡々と降る中、雪かき作業をしていた恵比須地区の男性は「今年初めて除雪機を動かした。明日まで更に雪が多そうで嫌になる」とため息をこぼしていた。
 10㍍以上の強風が吹き風雪が強まって視界が悪い中、車はライトを点灯させ走行していた。
 夜にかけては稚内上空1500㍍付近に平年より6度低い氷点下19度の今冬一番の寒気が入り、18日は氷点下7度まで下がる。雪は断続的に降り、17日正午からの24時間で多い所で30㌢の雪が降る見込みで、気象台は「18日は朝にかけて雪の降り方が一番強まるので注意してほしい」としている。

コメントを残す