白樺、港保育所園児参加し道庁舎のツリー点灯 

 宗谷総合振興局、市主催の木育クリスマスin稚内が13日、副港市場で開かれ、参加した白樺と港保育所園児がツリーに飾り付けするなどイベントを楽しんだ。
 間伐材のPRなど木育活動として平成15年から行っているもので今年は市内で伐採された3・6㍍のトドマツのツリーが市場に設置された。
 参加した園児21人は振興局の藤間林務課長から伐採したトドマツがツリーになるまでの話を聴いた後、11月に振興局の木工教室で作成した木製のコースターをトドマツに飾り付けし、藤間課長ら職員がイルミネーションを点灯した。
 このあと、園児たちによる「ジングルベル」の踊り発表があり、最後はサンタとトナカイに仮装した振興局職員から少し早いXマスプレゼントを贈られ喜んでいた。
 ツリーは26日まで設置される。

コメントを残す