ツナガル社が稚内の魅力ライブ配信 中澤さんがドームなど紹介

 国内の観光地を動画で世界中に発信しているツナガル株式会社(札幌)と稚内市民観光ボランティアガイドの中澤和一さんが11日、北防波堤ドーム周辺を歩きながら欧米向けなどにライブ配信し稚内の魅力を発信した。
 コロナ禍の終息後を見据えインバウンドに対し、北海道の文化、食などを世界に発信しオンラインツアーを道東や道南を中心に実施してきたツナガル社が11日、欧米や台湾、タイ向けにフェイスブックやユーチューブで北防波堤ドームなど稚内の観光地を紹介した。
 通訳兼ナビゲーターの在日フランス人男性とタイ人女性の2人は稚内和服でおもてなし実行委員会(竹内ひとみ代表)の着物体験で案内役を務めた中澤さんからドームの歴史、稚内と樺太の関係などの話を聞きながら周辺を散策した。
 午後から竹内代表が案内役で稚内の食などを紹介し台湾、タイに向けライブ配信した。
 ツナガル社は「コロナが収束し自由に渡航できるようになりましたなら多くの外国人旅行者を稚内に来られるようにしたい」と話していた。

コメントを残す