フェリーを総点検 運輸局と海保合同で実施

 道運輸局旭川運輸支局と稚内海保は10日、フェリー船内の安全点検を行い、物流など増える年末年始に向け万全を期している。
 国土交通省では、12月10日~来年1月10日までを年末年始の輸送等に関する安全総点検期間とし、フェリー船の点検やターミナルでの警戒を行う。
 初日の10日、ハートランドフェリーのアマポーラ宗谷(4265㌧)で、運輸局と海保職員10人が2班に分かれ救命胴衣、救命いかだの管理状況のほか、コロナ対策がされているかなど入念にチェックしていた。

コメントを残す