時の話題 「御意見2題」

 先週4日の週末雑感でコロナ新種株のオミクロン株について「死者が出ておらず恐れるに足らず」と書いたところ、〝加茂さくら〟さんより「いや~驚きました。全く同感です」とのコメントに加え「稚内のような田舎にこのようなおじいさん(失礼)がいらっしゃるとは」とメールで送られてきた。
 全くもって失礼な話だと言いたいところだが、孫が5人おり齢も古希(70歳)に届きそうにまでなっているので、貴女の仰しゃる通りなのであろう。でも爺さんだと決めつけられると不快ではある。
 このコメントには「冷静かつ科学的な見方」とあったが、これは全く当たっていない。
「時の話題」「天北堆」含め思うがままに書いており科学的見地は露ほどもないこと申し添える。
 それと土曜夜のことだが、道銀支店の強盗訓練で支店長代理を支店長とし記事に誤りがあり「支店長が代わったのですか」と電話があったので「指摘してくるということは間違いがあったのですね」と言い氏名と住所を尋ねたところ切られてしまった。
 小紙を読み間違いに気付き電話してくれたのでお礼を言おうと氏名を聞いただけなので他意が無かったこと申し添えると共に、わざわざ電話し間違いを指摘しようとした心遣いに感謝したいがための質問であったのだが。
 創刊以来71年経ち今まで間違いや見解の行き違いは浜の真砂のほどあったであろう。一方向でなく双方向のやり取りでの新聞作りを目指している筆者としては読者の方々の叱咤激励は欠かせぬものである事も申し添える。

コメントを残す