来年こそ凧揚げ大会 木村さん 干支・寅の六角凧など制作

 凧作り名人の木村巧さん(85)=西浜4=が、来年の干支「寅」の絵を描いた六角凧や連凧作りをしている。
 今年はコロナ禍で春に予定していた凧揚げ大会が中止となったが雪融け時期の来年4月こそ2年ぶりの大会を予定している木村さんは、来年に向け寅のように何事にも恐れず立ち向かいコロナに必ず打ち勝つという思いを込め作っている。
 干支の凧のほかに縁起の良い年になるようにと七福神や武者絵などの江戸凧も制作している。
 4月の凧揚げ大会で子供たちにプレゼントするドラえもんなどアニメキャラクターを描いた凧を2年間分用意しているという木村さんは「来年こそは子供たちと一緒に空高く凧を揚げたい」と凧揚げの日を待ち望んでいる。

コメントを残す

前の記事

天北堆