今晩から暴風雪 海荒れ日本海側で波の花

 急速に発達する低気圧の影響で1日、稚内は朝から20㍍近い強風が吹く暴風雨となり、稚内地方気象台は暴風波浪警報を発表。夜から2日にかけて猛吹雪になる恐れがあり警戒を呼びかけている。
 日本海にある低気圧がオホーツク海へ進んでいる影響で1日午前、開運で17㍍の最大瞬間風速を観測。波は3~6㍍と高く海は荒れ、1日の利礼航路は全便欠航した。空の便は東京、千歳便とも欠航。
 悪天候のため声問小は午後2時に下校時間を早めた。中央小も1時間繰り上げ午後2時、稚中は午後2時55分完全下校した。
 ノシャップ~西浜の海岸では海が荒れた時に現れる波の花=写真=が発生していた。
 夕方から2日にかけて予想される風速は陸上で20㍍、最大瞬間風速は35㍍に達する見込み。寒気が入り氷点下まで気温が下がる夜にかけて雨が雪に変わり、2日いっぱいまで猛吹雪による視界不良、吹き溜りなど交通障害に警戒。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

天北堆