成澤氏に日本カーリング協会功労章

 カーリング競技の普及・発展に貢献したとして、日本カーリング協会功労章に輝いた稚内協会の成澤正明理事長(70)に記念の楯が授与された。
 昭和57年に稚内カーリング協会が発足以降成澤さんは事務局長として協会運営に携わり現在は理事長として活躍。北海道カーリング協会理事・指導普及委員長も担い、みどりスポーツパークのカーリング場が完成してからは施設に常勤し初心者などに指導している。
 26日午後から始まった北海道シニアカーリング大会の開会式を前に、日本カーリング協会の貝森輝幸会長から楯を贈呈された成澤さんは「経験を活かし子供たちにカーリングの面白さを伝えていきたい」と話していた。

コメントを残す