新酒を限定販売 薩摩酒造の焼酎さつま白波

 稚内と友好都市関係にある鹿児島県枕崎市の酒造メーカー薩摩酒造が製造した「さつま白波」の新酒が、市内スーパーで販売されている。
 稚内での消費拡大の取り組みとして、新酒(900㍉㍑)を限定300本販売しており、ラベルは薩摩酒造による書道コンクールで最優秀賞に選ばれた港小3年生の久保創士郎君の作品が採用されている。
 生鮮市場、相沢食料百貨店、西條稚内店、富岡ユアーズ店で取り扱っており、薩摩酒造東京東支店の日髙秀逸支店長は「新酒らしく美味しく仕上がっていますので是非、飲んで頂きたい」とPRしている。

コメントを残す