時の話題 「投票での課題」

 衆院選の期日前投票で読者から「服装が悪い」「態度が悪い」「話をしうるさかった」などと立て続けに投稿があり、極めつけは投票場所の「みはらし会館」から「みどりスポーツパーク」(カーリング場がある)への変更であった。
 いつも建設的な意見を投稿してもらっている元市議の佐々木政美さんからもので「ごもっとも」と筆者も思ったところだ。
 稚内市に訊いてみると、コロナ感染予防対策として今回限り投票所を移したような事を言っていたが、緑5、緑6地区の住民、とりわけ車など無いお年寄りにとっては辛苦の投票であったろう。
 佐々木氏は移設に当たって実際に市職員は歩いてみたのか―と問うていたが、ごもっともな話で、部長職の人間に筆者も尋ねたところ「歩いてみた」との話をしていたものの、体の弱い高齢者や病に伏せている人などの事を考えたのか甚だ疑問だ。
 また市は、みはらし会館に投票当日、職員を配置する対処をし、間違って来た市民(車で来るなど6人)に夫々適切な対応を取ったようだが、▽事前の周知が万全だったのか▽送迎バスを動かすべきだったのでは―との佐々木さんが指摘する通りの問題は課題として残った。
 投票の際の3密対策と言うが、いかに同地区の有権者が多かろうが、マスク着用し投票すれば、仮に一時的に混雑したとしても入場制限(そんな大袈裟なものでなく)すれば解決できる話で、今回の投票場所変更は結果的に適切ではなかったと言えよう。
 市長言うよう市民に寄り添うこと肝要だ。

コメントを残す