道外ツアー好調 冬季観光 11月は西日本から2200人来市

 わっかない観光活性化促進協議会による冬季観光事業で10月15日以降、稚内入りする道外団体客が伸びている。
 例年10月25日から開始する冬季観光事業だが、コロナ感染拡大による緊急事態宣言の解除に加え全国的に感染者が減少していることを受け、今年は事業を前倒しして道内空港から宗谷バスで稚内入りする団体を対象に、飲食店と土産店で1000円ずつ使える2000円分のクーポン券を発行している。この周遊型観光誘客事業もあって10月は北陸、中部、西日本、九州などからの団体客で約30本650人が稚内入りした。
 事務局の稚内観光協会によると、11月は更に予約が好調で95本2200人、12月は61本840人が稚内入りする予定になっている。
 担当者は「9月はコロナの影響で団体客は殆どなかったが、10月と11月は好調に伸びている。稚内観光してもらうことで、少しでも消費をしてもらいたい」としている。

コメントを残す