皇室からの花瓶など展示 図書館で稚内海保灯台展

 稚内海保は市立図書館で、灯台記念日に合わせ灯台展を開いている。11月12日まで。
 海上保安庁は、日本で初めての洋式灯台として神奈川県横須賀市の観音埼灯台が建設された1868年(明治元年)11月1日を灯台記念日と定め、今年153年を迎えた。
 大正時代に皇室から灯台を管理する職員への激励として全国の海保に贈られた花瓶200個のうち現存する10個の1個を保管している稚内海保の花瓶が展示されているほか、管内にある稚内灯台や宗谷岬灯台など14灯台の写真、記念日の由来などに関しパネルで紹介している。
 見学者に数量限定で記念バッチをプレゼントしており、稚内海保の髙桑靖典次長は「海の安全を守る灯台の役割を知って頂きたい」とPRしている。

コメントを残す