コロナ前より34万人減少 キタカラ 昨年より増加するも56万人

 まちづくり稚内は、今年度上半期(4月~9月)のキタカラの入館者を集計した。昨年に続きコロナの影響を受け、利用者は延びず前年より6万人増えたとはいえ、コロナ前の一昨年(90万8748人)に比べ34万6000人減った。
 月別では4月6万1128人(前年6万2451人)、5月6万7100人(同4万1995人)、6月8万9330人(同5万7930人)、7月10万4247人(同8万9708人)、8月13万981人(同13万2832人)、9月10万9220人(同11万6990人)の56万2006人と前年から6万100人増加した。
 今年は5月以降、昨年を上回る利用者で推移していたが、コロナ感染拡大による緊急事態宣言により8、9月は前年を下回り全体的には利用者は伸びなかった。
 まちづくり稚内は8、9月が減った理由について「昨年この時期はGoToトラベルで旅行者の利用が多く今年はGoToトラベルがなかった分、減ったことが考えられる」とし、今月に入ってからは「わっかない応援クーポンを利用した旅行者がキタカラの売店などに立ち寄っており感染防止策を徹底し受け入れていきたい」としている。

コメントを残す

次の記事

天北堆