講師に堀江氏招く 稚内北星大学 23日秋季講座2021開講

 稚内北星大学後援会主催による「秋季講座2021」は、23日午後1時から大学講堂で開かれる。メインの講座では元ライフドアCEOで現在は大樹町で民間ロケット開発などに取り組む堀江貴文氏が講演する。
 講座は最初に大学を運営する学校法人北辰学堂の松尾英孝理事長が「地域における大学の役割~大学は如何に地方創生に貢献するか?」と題して、地域再生に向けて大学の役割として人材育成、地域における文化的拠点などについてテーマ講演。引き続き大学の侘美俊輔准教授が「eスポーツを活用した地域づくりの可能性」、張江洋次朗助教が「勇者は魔物をいかに見分けるか?~AIやIOtを使った個体識別技術と研究動向」の研究報告をする。
 午後3時15分から講演する堀江氏は「地域経済活性化へのヒントと大学の役割」と題し世界を視野に時代の最先端を走り活動してきた経験などを踏まえ、コロナ収束後の経済展望や地域活性、地元での起業などを語り、今後の稚内の活性化に向けたヒントを探る。
 先着80人。一般の聴講は整理券が必要。詳細は大学事務局☏㉜7511まで。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

時の話題 「燃油高騰」