「稚内を元気にしたい」 東京稚内会の根生道明さん講演

 東京稚内会主催の「ふるさと・子供夢プロジェクト」が12日午後、稚高で開かれ、生徒たちは大先輩の体験談を聴いた。
 稚内の子供たちが夢と希望を持って成長し将来について考える機会になればと、昭和53年に稚高卒業し現在は東京都内でリヤカーを引き、宗谷管内の特産品を販売する東京宗谷物産代表の根生道明さん(61)を講師として招いた。
 稚高1年生161人を前に、根生さんは「稚内で生まれ育った一人として」と題し講演。大手不動産会社で働いていた経験を通じ「どんな仕事にも良い思い出や辛いことだってあります。困った時には手を差し伸べてくれた先輩や同僚がいた。皆さんも信頼される人間になってほしい」とアドバイスした。
 定年後に始めた故郷の特産品の販売などに触れ「稚内は美味しいものなど観光資源が豊富。先人たちが築き上げた稚内を元気にしたいとの思いで活動しています。若い皆さんも稚内の力になってほしい。一緒に発展させていきたい」と呼び掛けていた。
 根生さんの講演は13日潮見が丘中、14日大谷高でも行われる。

コメントを残す