シケ後に大量コンブ 稚内の前浜に漂着

 先週末の荒れた天候により、稚内の前浜にコンブが大量に打ち上げられている。
 日本海側は特に波が高かったことでノシャップや西浜など一部では、浜を埋め尽くすほどのコンブが漂着、波が収まった12日朝は、ノシャップ地区の前浜で漂着コンブを漁師が拾い集めていた。
 15日での今季のコンブ漁終漁を前に、早めに漁を切り上げ拾いコンブを集めていた漁師は「今年は量はあったがコロナの影響で3等以下は例年の半分ほどの価格だった。早くコロナが収まって価格が戻ってほしい」と嘆き、別の漁師は「来年用のコンブは順調に育っており、来年も量だけは期待できるかな」と話していた。

コメントを残す