北方記念館で海からの贈り物展開催 鯨の骨や鹿の頭骨など

 北方記念館1階ロビーで稚内の海岸に漂着した漂流物を集めた特別企画展「海からの贈り物展」が開かれている。今月末まで。
 海の環境への関心を持ってもらおうと企画されたもので、稚咲内~東浦までの延長90㌔に亘る稚内の海岸に流れ着いた外国製のビンや動物の骨、漁具など200点以上が展示されている。
 南国から漂着してきたヤシの実や日本には自生しない豆の種、エゾシカの頭骨、クジラやアザラシなど海の生物の骨など漂着物が多数あり、担当スタッフは「色々な物が稚内の海岸に流れ着いており海の環境などを考えてもらう機会にしてほしい」と話していた。

コメントを残す