緊急事態宣言解除 あす 市内施設は平常通りに

 北海道に発令されている緊急事態宣言が10月1日解除されるのに伴い、稚内市対策本部は宣言期間中、人数制限や時短営業していた公共施設を1日から平常通りの営業に戻す。
 宣言期間中閉鎖していた森林公園キャンプ場は1日から再開し、使用禁止となっていたキタカラ内のキッズルームも1日から使用できるようになるが、ボールプールだけ使えない。
 市が主催するイベントについては、規模や感染状況を踏まえ開催を判断していく。
 今月、稚内で2件のクラスターが発生したことから、稚内市は市民に向け感染防止対策として、これまで同様マスク着用など基本的な予防策の徹底に加え感染リスクを回避できない場合の不要不急の外出や移動を控えるよう呼びかけている。

コメントを残す