労金2人に感謝状贈る 特殊詐欺未然防止で稚内署

 稚内署は28日、特殊詐欺未然防止に寄与した北海道労働金庫稚内支店の高田朋希副支店長(47)と業務主任の生江正喜さん(34)2人に感謝状を贈った。
 去る9月6日、市内在住の50代女性がSNSで知り合った自称アフガニスタンの男性から、現金入りのバッグの保管を依頼され、その郵送手数料として現金85万円の送金手続きを行っていたので話を聞いたところ、不審に思った2人が通報し被害を未然に防いだ。
 28日午後、田村署長と逢坂北海道警友会稚内支部長から2人に感謝状が贈呈された。
 2人は「困っている人への声掛けなど防犯に努めてきた成果が実りました。今後もお客さんの行動などに注意を払い、対応して行きたい」と話し、田村署長は「支店の行員さんがお客さんの財産を守りたいとの思いが表われた結果であり、手口が多数あるということを多くの人に周知し防犯に努めたい」と感謝していた。

コメントを残す