天北堆

 昨日午前、達商工会議所専務理事と会っていると会社から「仲村房次郎さんが用事あるので連絡を」との電話があり、その後、来社した仲村さんは住民票を稚内から横浜に移しますので別れの挨拶に来ましたと◆仲村さんとは特別親しい間柄ではありませんが、互いに敬意を払う間柄で節目々々でお会いする度に感じたのは都会人の素養を有し人情厚いという事だ◆折しも達専務とは長幼の序は大事にしてきたという話をしていた所であり、また一人、知り合いが遠くの存在になることには淋しさが募るばかりだ。

コメントを残す