天北堆

 きょうは十五夜「仲秋の名月」。満月は一月に1回見ることができるのだが空気が澄んだように感じる秋の夜に眺める満月は格別である◆御託宣では日中の雲も晴れて十五夜日和になるとの事だが、ススキに饅頭など供え観望するのも一興だろうて◆食欲の、読書のなどと枕の詞がつく秋だが、冬を前にそこはかと漂ってきている秋冷は人を感傷的にするかのようである◆だが現下の生活はと言うと決して夢やロマンを語れる状況ではない。人間は誰もが幸福になれる権利を有しているが現実は生易しくはない。

コメントを残す

次の記事

天北堆