天北堆

 野良猫を助けるのに消防隊員が奮闘し10㍍の高所から救い出したのはいいが、ちょっとした隙に逃げられてしまう。住民も消防隊員も「助けることができよかった」◆ぎすぎすしたコロナ禍中、ほんわかする話題だが「救出にかまけて大きな事故が起きたらどうすんだ」という声も◆この救出劇は消防署員の使命感の崇高さも知る縁ともなり、小紙では声問川で署員が訓練している記事も◆稚内ではこの十数年、大事故は起きていないが、このような積み重ねが頼りになる消防の源泉になる。

コメントを残す