円滑な検査に協力を コロナ対策として保健所

 稚内保健所は、事業所や学校などで新型コロナウイルス感染者が発生した際、検査対応など円滑に行えるよう保健所に提出する職員名簿を作成するよう協力を求めている。
 コロナの全国的な感染拡大に伴い、宗谷管内でも8月38人の陽性が判明し、濃厚接触者やその家族などのPCR検査人数は1055件にも及んでいる。
 感染者の殆どは会社や学校に通っている人で、保健所から検査案内をする際、職員名簿などの提出を依頼しているが、名簿が整備されていないことで検査案内が遅れるケースがあった。
 このため対象者への円滑な連絡と検査に結びつけるために氏名、生年月日、住所など記載の名簿を作成するよう協力を呼び掛けている。
 成澤健康推進課長は「無症状などの感染者により市内感染が出ている状況。スムーズな検査に漕ぎつけるためにも協力をお願いします」と協力を求めている。
 職員名簿の様式は、稚内保健所HPからダウンロード出来る。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

市立病院で職員募集