稚内市の緊急宣言対応一両日中に決定 あすの藤田選手PVは開催

 新型コロナの緊急事態宣言地域に27日から北海道が追加されることを受け、稚内市は26日までに開く対策本部会議で宣言期間の9月12日までの感染防止対策など市としての対応を決める。
 7月下旬以降、夏休みやお盆での旅行や帰省などで感染拡大地域からの人の往来が増え宗谷管内でも感染者が増加している。
 前回5月~6月まで2度目の宣言が発令された際、稚内市は保育所や学童保育所など市民サービスに必要不可欠な施設は通常通り開設したものの、体育館や観光施設などの公共施設は閉鎖した。
 詳細については道の対策の正式決定を受け25日午後か26日に開く対策本部会議で市としての対応を決める。
 24日から開幕した東京パラリンピックの自転車競技に出場する稚内出身の藤田征樹選手(36)=藤建設=を応援するため、市が26日午前11時から開催する文化センター大ホールでのパブリックビューイング(PV)は予定通り実施する。
 入場に必要な整理券は3カ所で配布している。市の担当者はこれまでの配布状況から、多くても100人前後の参加になるので密状態にならないとしている。

コメントを残す